【ELLEGARDENおすすめ曲10選!】聞けば絶対にファンになるよ。【超厳選】

皆さんはエルレガーデンという日本の最強で最高にロックなロックバンドを知っていますか?

知ってる!というそこのあなた、今度飲みにいきましょう。

知らない!というそこのあなた、ラッキーですね。

なぜならたった今こんな素晴らしいバンドに巡り合えたのだから。

今回はエルレファンの僕が

本気でオススメしたい曲を10曲用意したので皆さんにシェアしたいと思います!


エルレガーデンてどんなバンド?

1998年の大晦日の0時にELLEGARDENを結成してから2008年まで、日本のロック界を牽引した超大型バンドです。

当時の若者たちを熱狂に駆り立て、日本のロックシーンを変えたと言っても過言ではないバンドです。

ちなみに今日もエルレに人生を変えられた人やエルレに救われた人が世界中にいることは確かな事実です。

 

この記事を書いている僕もエルレに人生を変えられた一人です。

 

中学時代にエルレのジターバグに衝撃を受け、

そこから狂ったようにアルバムを買い漁り息を吸う以上にエルレの歌詞を吸い込んでいた自信があります。

 

 

僕が一番おすすめしたいエルレガーデンのアルバム

DON’T TRUST ANYONE BUT US

最初から最後まで圧巻としか言えないです。語彙力がないのでご自身の耳で判断してみてください。

このアルバムに入っている「Lonesome」という曲はおすすめ曲の一つとして入っています。

そんな最高なバンドのエルレガーデンは、2008年に突然休止してしまいます。

 

金銭問題やメンバー不仲説など、様々な噂が一人歩きをして真実はわからないままでした。

 

しかし2018年!!!10年という長い休止期間を終えて今年、大復活しました!

 

本当に長かった。僕はエルレ復活を初めて耳にした時、嬉しすぎてわけわからなくなって少しだけ泣きました。

 

しかも復活のツアーライブをやると決まって慌てて仙台のツアーまでのチケットを応募しました。

仙台にまで行くお金なんてないのに。

幸運なことに僕は最終日のZOZOマリンのチケットに当選して自分の目でエルレをみて耳で聞くことができました。

 

本当に幸せな時間だった。

こちらもおすすめ!:ELLEGARDEN復活ライブ】THE BOYS ARE BACK IN TOWN TOUR 2018 レビュー!感想!

ELLEGARDEN Drs.担当の高橋宏貴のブログに泣いた夏

エルレのイケメン担当の高橋さんが自身のブログを、エルレ復活発表後に投稿しました。

この記事で高橋さんはエルレについての思い出を綴っていました。

エルレの事は、時代の隔たりを感じるほど遠い昔の事にも感じるし、ほんのちょっと前の事にも感じたり。

でも、4人で集まったら普通にバカ話して爆笑してました。

4人で会った時、雄一が予約した居酒屋がマジでバカみたいな店でウケたなぁ。

その時、細美さんが「誰だよこの店選んだの!?」

って、ちょー反応してて、雄一の事を、アホな弟を見てる様なあの目が、昔と何も変わってなくて、とても懐かしかった。

 

ファンからすれば、この記事だけで泣けましたね。

ベースの高橋さんを細美さんがからかうライブMC恒例のあのやりとり。一瞬でフラッシュバックしました。

今回、エルレガーデンのおすすめ曲!という記事を書くにあたってたくさん悩みました。

正直な話、全部おすすめなんですよねいやマジで。

エルレガーデンはカップリング曲も全てハズレがないことで有名なんです。

でも全部紹介しちゃうと10万字くらいになってしまうので、今回は10曲だけ紹介させてください。

 

ノムラの選ぶエルレのおすすめ曲10選はこれだ!!!!!

 

 

スポンサーリンク

 Mr. Feather

軽いテンポから始まるこの曲は、通算5作目となるシングルの【Space Sonic】に入っています。

切ない恋愛ソングです。

おすすめポイント
歌詞が切ない

サビ前の

Yeah my life is shit
俺の人生はクソさ

サビの

Give me something that I’ll never lose again
絶対に失わない何かをくれよ

そしてラストサビの

 You are not here beside me
彼女はもう俺の横にいない

切ない歌詞に合わさるように重なる演奏は聴き心地が非常に良いです。

 

金星

「最後に笑うのは正直な奴だけだ」から始まるこの曲。

復活ライブでも演奏していました。

曲が終わった後に細美さんが「良い曲だなあ」って自分で言っていました。

マジで良い曲。

おすすめポイント
大切な何かを気付かせてくれる曲

出し抜いて立ち回って手に入れたものはみんなすぐに消えた

vo.細美さんは復活ライブの時、金星の後のmcで

「若い時は正直者たちがバカをみない世の中だと思ってた。

それは今でも信じてるけど、最近、世の中ほんとはそうじゃねーかもしんねーって思っちゃうことがある」

と言っていました。

だけどこの歌は、「でも、そんな世の中くそったれだ。」という細美さんのアンサーソングだと個人的に解釈しています。

 

 

高架線

MVがあります。少年がひたすら歩くこのミュージックビデオ。

この曲は最後に「Her name is Laura」で終わっているんです。

高架線の歌詞のローラって誰?

以前僕は細美さんのアコースティックライブに行きました。

そこでの質問コーナーで「高架線の最後のローラって誰のことですか?」と質問を受けていました。

そこで細美さんは

「一番最初に、Her name is Laura という歌詞が浮かんでこの曲を作ったんだよね、特に誰だとかはないよ!」

とバッチリ言っていました!

おすすめポイント
優しい歌詞

ゆっくりと傾く足元に気つけて思うよりあなたはずっと強いからね

MVをみてもわかる通り、この曲は【出発】を表しています。

ほんの少し前に手に入れた未来を捨てて、南北に続く高架線の先にある何かを目指していく。

言い換えれば、敷かれたレールから外れ、自分で未来を掴みにいくということではないでしょうか。

何かに迷った時はこの曲を何回も聞いています。

 

⬇︎次ページは誰もが知ってるあの名曲…⬇︎

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です