【決定版】大学生あるあるを120個、真面目に考えた。

 

みなさんこんにちは。

やっぱり朝はパン、パンパパンですよね。

 

最近のマイブームは空を眺めることです。

今日も学校帰りに空を眺めて帰りました。

空の広大さ、世界の広さ。そしていかに人間がちっぽけな存在なのかを目と心で感じていました。

人間の小ささを感じて思わず「ポロっ」と涙が溢れてしまいました。

 

あ、こんにちはノムラです。

 

さて、今日は現役大学生の僕が「大学生あるある」を120個考えました。

 

あるあるシリーズは反応も良くて評価も高いので書いていて楽しくて興奮しちゃうな

 

もしかすると、この記事を読んでいるあなたは高校生かもしれません。

 

そしてこの記事を読む事で、大学受験のモチベーションを高めようとしているのかもしれません。

 

しかし少し先輩の僕から一言。

 

大学生は汚いし下品だし野蛮だぜ

 

 

大学生はチンパンジーである

 

大学生は基本的にチンパンジーしか居ないと思ってください。

早慶上智レベルになると「賢いチンパンジーがいるなぁ」レベル。

東大、京大は「おっ、喋れるチンパンジーがいるな」レベル。

その他の大学はまごうことなきチンパンジーなのです。

悲しいですがこれが現実なのです。

頭の悪い大学へ行くと、先生がチンパンジーだったと言う噂もありますよね。

 

華のキャンパスライフ?そんなの幻想だ!

 

今から君たちに夢を砕く真実を言おうと思う。

君たちが思い描いている大学のイメージ、

それはきっと華やかで楽しい、まるで桃源郷のような場所だと思う。

 

しかしそれは我々人間が作り出した幻想だ!

 

実際の大学生活なんて

酒と女と肉とゲロで作られた生き地獄のようなものである。

 

男は女の事で頭がいっぱいで、

女はタピオカの飲み過ぎで頭が弱くなっているのだ。

 

君が高校時代に密かに想いを寄せていたアイツも、

大学に入った瞬間に髪の毛をうんこ色に染め上げ耳をこれでもかと開けまくる。

 

君が好きだった子は

カラオケオールに相席屋、クラブでナンパに雨あられ、hubでゲロ吐き弁償代

 

そんなものなのである。

 

【大学デビューあるある】大学デビューにありがちな特徴を50個まとめたよ。君は平気?

3月 4, 2020

 

時に現実は残酷だ

 

「大学ではサークルに入りたい!」と考えている君には是非ともこの記事も読んでほしい。

【大学のサークル入るべき?】4年間サークルに入らなかった俺が今思うこと。

2月 20, 2020

 

実際に僕も、

大学に入って変わっていくアイツを見て「どうかあの頃の君のままで」と涙を流し何度祈った事だろう。

まあ結果として今は二児の母として幸せそうなので良かったが。

 

今君たちはこの事実を聞いて絶望している事であろう。

しかしこれが大学の真実である!

 

だが、そんなに絶望はしないでくれ。

僕が胸を張って誓う。大学は楽しいことに違いは無いのだ。

 

泥に咲く美しい蓮の花のように、雨の後に虹が出るように

大学といういわば人生の夏休みは、僕らを良いも悪いも大人にさせるのだ。

 

間違いなく人間は大学時代に犯してきたミスの数大人の階段を駆け上がると思う。

 

飲んだブラックニッカのボトルの数、成長するのだ。

 

「そんなの自分を否定しないための言い訳に過ぎない!」そう思うだろ??

 

そうでも考えないと僕ら大学生はやっていけないんだ。

 

呑まされて吐かされて騙されてそれでも一生懸命に生きているんだ。

 

でも君たちのような明るい未来の学生には僕らみたいになって欲しくない。

 

脱線してしまったがここからは本題の「大学生あるある」に移ろうと思う。

今回のあるあるは、

大学生の男、女に当てはまること間違いなしの「大学生あるある」である。

 

 

以下の大学生あるあるを見て、是非とも「こうはなりたくない」と思ってくれ。

 

それでは行ってみよう!!

 

 

大学生あるある120個考えた↓

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です