【ドラえもん最終回】のび太が死刑?!4つの最終回と幻の最終回があるのを知っていた?

 

みなさんこんにちはドラえもん大好き少年のノムラです。

 

Q.人生で最後に漫画を読むとしたら?

 

A.ドラえもん。

僕は幼稚園から毎週ドラえもんを楽しみにして生きていました。

2006年に上映された「のび太の恐竜」から毎年欠かさずドラえもんの映画も観ていました。

もちろん家に全巻+短編集もあります。

ドラえもんは夢と希望を与える国民的アニメですよね。

 

ドラえもんの最終回があるの?


引用:Youtube
そんな国民的アニメドラえもんですが、

公式の最終回が4つある事はご存知でしょうか?

 

4つある理由は?

当時(1970年代)ドラえもんが連載していたのは「小学3年生」などの学年誌での連載でした。

しかしドラえもんが掲載されていたのは小学4年生まで。

小学5年生6年生にはドラえもんが掲載されていなかったのです。

なので読者は学年が上がるとドラえもんを読めなくなってしまいました。

そのため、ドラえもんは学年が変わる3月に習慣的に最終回の内容を掲載していたのです。

 

公式の4つの最終回は以下の通りです。

  • ドラえもん未来へ帰る
  • ドラえもんがいなくなっちゃう⁉︎
  • さよならドラえもん
  • 帰ってきたドラえもん

 

スポンサーリンク

ドラえもんの最終回①ドラえもん未来へ帰る


(1971年3月号収録)

 

【最終回の内容】

 

ある日のび太は夢の中で自分の部屋の中をうろうろしている人たちを見ます。

幽霊と思ったのび太は大騒ぎ。未来に一時的に帰っていたドラえもんに伝えます。

同じ時にのび太のお母さんがのび太のことを呼び出します。

「のび太!壁に落書きしたでしょ?!」

しかし身に覚えがないのび太。

のび太のお父さんも「ライターがない」と言い出します。

するとドラえもんが「ついにここら辺にも現れたか…」と呟きます。

実は未来から時間旅行者と呼ばれる「昔の世界を見物する観光者」が増えた事が原因でした。

迷惑な観光者達がのび太の家にいたずらをしていたのですね…

ドラえもんがいた未来の世界では、このようなマナーの悪い観光者を規制するために

時間旅行規正法」というものができたとドラえもんは伝えます。

そしてドラえもんは「この法律のせいで僕は未来へ帰らないといけなくなった」と言います。

引き上げの合図が唐突に鳴り響き、

のび太の孫のセワシくんがドラえもんを無理やり連れて帰ります。

泣き叫び抵抗するドラえもん。叫ぶのび太。

つくえの引き出しは、ただの引き出しにもどりました。

でも…僕は開けるたびにドラえもんを思い出すのです。

 

これがドラえもんの公式の最終回の1つ目、「ドラえもん未来へ帰る」の全貌です。

 

 

 

いやいや?悲しすぎん????

 

ドラえもんとの別れも唐突だし最後は無理やり強引に未来に連れ戻されるなんて胸糞悪いし

すごいバッドエンドですよね。

のび太くんの最後のセリフが可哀想で泣けます。

救われない。

 

ドラえもんの最終回②ドラえもんがいなくなっちゃう⁉︎


『小学四年生』1972年3月号掲載

 

最終回の内容

 

のび太はいつものように困った事がありドラえもんに助けてもらおうとします。

(サイクリングの約束をしたのだが自転車に乗れなかった)

部屋の中では、のび太があまりにも成長しないために、

セワシくんがドラえもんに未来へ帰ることを勧めていたのです。

しかしのび太にその真実を伝えると高確率で拒否されるため、

セワシくんとドラえもんは

「ドラえもんが壊れた設定にして無理やり未来に帰る」という策を練ります。

のび太は見事に騙されドラえもんが壊れてしまったと勘違いをして、

セワシくんに「未来へ連れてって治して!」と言います。

「君が元気になるならどんな我慢でもするよ」

のび太は「これからは自分の力でなんとかする」とドラえもんに誓います。

そしてドラえもんは未来へ帰ってしまうのです。

最後のコマは未来からタイムテレビで

必死になってのび太が自転車を練習している様子をみているシーンで終わりです。

 

 

 

 

ん〜〜なんか解せない

 

別れが唐突すぎて読者からしたら「待って展開に追いつけない」という声が飛んできそうです。

セワシくんはもっとのび太の気持ちも考えるべきだと思います。

 

ドラえもんの最終回③さよならドラえもん


『小学三年生』1974年3月号掲載

個人的にはドラえもんの中で一番泣ける話です。

 

最終回の内容

 

いつものようにドラえもんを頼るのび太。

しかしドラえもんは「1人でできない喧嘩ならするな!」と一蹴します。

不思議に思ったのび太が訳を聞くと

「こないだから言おう言おうと思ってたが…」

ドラえもんは未来へ帰らなくてはいけなくなってしまったのです。

ドラえもんに泣きついて「帰らないで!!」と頼みますが、

のび太のお父さんお母さんはのび太を叱ります。

「ドラえもんにも都合ってものがあるんだ。」

最後の野比家での食事を済ませて、同じ布団で眠る2人。

明日の朝にさようならしないといけないということもあり、なかなか寝付けません。

「朝までお話しよう。」と言います。

自分がいなくなって本当に平気なのかと、

最後までのび太の事を気に掛けるドラえもん。

「ばかにすんな!ひとりでちゃんとやれるよ。」

ドラえもんが安心して未来に帰れるように強がるのび太。

感動のあまり涙を流すドラえもん。

でものび太には見せまいと「散歩をしてくる」と嘘をつきます。

ドラえもんの帰りを空き地で待っているとジャイアンが寝ぼけて徘徊しているのを見つけます。

目が覚めたジャイアンは恥ずかしさのあまり因縁をつけのび太に喧嘩を挑みます。

「喧嘩ならドラえもんぬきでやろう」

そういって勝負を挑むのび太。

しかし案の定ボコボコにされてしまいます。

何度殴られても立ち上がるのび太を不思議がるジャイアン。

「なにを。勝負はこれからだ。」

ゾンビのように何度も立ち上がるのび太にジャイアンは怖くなってしまいます。

僕だけの力で、君に勝たないと…

ドラえもんが安心して…帰れないんだ!!!

 

遂にジャイアンに勝ったのび太。

ずっとのび太を探していたドラえもんがその場面を目撃します。

「かったよ、ぼく。みたろ、ドラえもん。かったんだよ。」

ドラえもんはそのままのび太を寝かしつけ、

そして次の朝には未来に帰ったのでした…。

ドラえもん、君が帰ったら部屋ががらんとしちゃったよ。

でも……すぐになれると思う。だから………。

心配するなよドラえもん。

 

この回がドラえもんの最終回にふさわしい話だと思います。

のび太がジャイアンに勝つシーンなんかは涙腺崩壊レベルですよね。

この本はドラえもん【感動編】に収録されています。

 

他にも泣ける作品がたくさん収録されているのでぜひチェックしてください。

 

ドラえもんの最終回④帰ってきたドラえもん

さよならドラえもんには続編があります。

それが「帰ってきたドラえもん」です。

 

最終回の内容

 

ドラえもんがいなくなってからののび太は毎日をボーと無気力に過ごしていました。

「このままじゃドラえもんが悲しむ。」そう思ってのび太は思い切って外に出ると、

ジャイアンが「ドラえもんにあった」というのです。

舞い上がったのび太は貯金を崩してどら焼きを買いにいきます。

しかし「ドラえもんにあった」というのはエイプリルフールの嘘だったのです。

ひどくショックを受けたのび太は悲しみの中帰宅します。

そこでのび太は未来へ帰るドラえもんが

「どうしよもなく困ったときはこれを使って」と秘密道具を渡していたのを思い出します。

それがウソ800です。喋った事がみんなウソになるドリンクでした。

 

早速のび太はジャイアンとスネ夫に仕返しに行きます。

しかし仕返しをしても全くのび太の気が晴れる事はありませんでした。

なぜならドラえもんがいないから。

帰宅して、のび太のお母さんに「ドラちゃんいたの?」と聞かれます。

のび太は「ドラえもんがいるわけないでしょ」と返しました。

しかし扉を開けるとドラえもんが。

ウソ800を飲んだ状態で「ドラえもんがいない」と言ったので反対になったのです!

物語のラストは2人が抱き合って泣くシーンです。

うれしくない。これからまた、

ずうっとドラえもんといっしょにくらさない

 

この話は公式の最終回の中で感動的なエピソードになっていて、

公式の中でも評価のかなり高い作品です。

しかしファンの中で一番最終回として呼び声の高い作品があるのをご存知でしょうか?

それが「45年後…」です。

ドラえもんの最終回:45年後…


(1985年「小学6年生」9月号掲載。)

先ほど説明した4つの最終回がドラえもん前期(1970年代)に作られたもので、

この作品はドラえもん後期(1980年代)に作られたものです。

ファンの中では後期のドラえもんで一番最終回にふさわしいと言われています。

 

最終回の内容

 

いつものように日々を過ごしていたのび太。

家に帰ると45年後からきたのび太がきていました。

秘密道具「入れかえロープ」で今ののび太と45年後ののび太を入れ替えます。

若い頃ののび太と入れ替わった45年後ののび太は誰よりも楽しみながら遊びます。

全ての出来事に感動しながら感謝をします。

代わってくれたお礼に…と45年後ののび太は「宿題でも手伝おう」と言います。

しかしのび太は「いいよ、自分でやるから」と拒否。

「さすがは僕だ!」とほめる45年後の僕。最後に1つだけ…と

君はこれからもなんどもつまづく。

でもそのたびに立ち直る強さを持ってるんだよ。

 

このセリフを告げ、のび太は未来に帰っていくのでした。

 

この作品はドラえもんのファンの中で指示され続ける最終回です。

現実にドラえもんには最終回はないのですが、ドラえもんに最終回があったならこれが良いと言われ続けています。

この作品はドラえもんプラスの5巻に収録されています。

 

次ページはドラえもんの幻の最終回について解説します↓

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です