ウィーーーーーーすノムラだよ

 

みなさん、生まれて初めて覚えたバトルってなんでしたか?

僕の場合 じゃんけんでした。

 

 

グーチョキパー、人間の部位でこんなにも多くの形を生み出せるのは手のひらだけでしょう。

 

 

今では巷で、男気じゃんけんや、一気飲みであったり、

 

罰ゲームをかけたじゃんけんが流行っていますよね。

 

みなさんの中でじゃんけんに苦い思い出がある方は多いのではないのでしょうか?

 

 

そこで今回は、

 

じゃんけんの必勝法を教えてみたいと思います。

 

ノムラのじゃんけん問題

 

ノムラは、じゃんけんがめっちゃ強いです。

 

男気じゃんけんでは毎回みんなの分のご飯を喜んで買ってあげたりしております。

 

なんで自分でもこんなに強いのか分かりませんが、罰ゲームじゃんけんなどはいつも勝ちます

 

罰ゲームの記事はこちらから

 

 

出す順番を僕はいつも決めています。

 

パーパーチョキです。

 

みなさんもじゃんけんで勝ちたいですよね?

 

まずじゃんけんの歴史から振り返ってみましょう。

 

 

じゃんけんの歴史

 

驚くことにじゃんけんは、19世紀の後半に誕生した、まだあたらしいスポーツ(?)なのです。

 

最近だと、AKB48がじゃんけん総選挙たるものをおこなったり、

 

 

国民的アニメ、サザエさんでも、毎回サザエさんが番組終わりにじゃんけんをしますよね。

 

余談ですが、

 

サザエさんのじゃんけんで勝つ方法をご存知ですか?

 

エンディングでのサザエさん一家が駆け込む家の煙突の煙を見れば勝てる確率がぐっと上がることをご存知でしょうか?

 

 

 

煙が輪っかの場合

サザエさんは「グー」を出しますので、パーを出せば勝てます。

煙がニョロニョロの場合

サザエさんは「チョキ」を出しますので、グーを出せば勝てます。

煙がない場合

サザエさんは「パー」を出しますので、チョキを出せば勝てます。

あくまでこれは都市伝説ですので、ご了承ください。

 

 

そんな、日本人ととても関係が深いじゃんけんですが、世界大会もあるんです。

World Rock Paper Scissors Society sanctioned tournaments(WRPS)

 

と呼ばれるこの大会は、賞金がなんと100万円!
変わった大会もあるものですね。

出ようかな。

引用:http://worldrps.com

 

それでは早速 勝てる方法をお教えしましょう!

 

ステップ1 確率をつかう。

 

桜美林大学リベラルアーツ学群教授の芳沢さんの統計によると、

35パーセントの人がグーをだすそうです。

 

2番目にパーが多く、変化の多いチョキが最も少ないとか。

 

なので、

最初の手でグーに勝てるパーを出せば、勝つ確率がぐっと上がるでしょう。

 

 

ステップ2 わざとだす手を宣言する

 

a「じゃんけんしよ!」

b「いいよ」

a「俺グーだすわ」

b「え、まじか(じゃあ俺パーだすか。いやまてよ、本当にだすのか?普通本当にだすのは言わないだろういやまてここであえて向こうが出しそうにないチョキを出せば。いや、もし向こうがグーを出したら負けちま…」

このように、相手にとって、とても悩ませる事が可能です。

この場合、素直にグーを出しましょう。

ステップ3 あいこになったら今の手で負ける手を出せ

 

 

a「じゃんけんぽん(パー)

b「(パー)」

a「あいこでしょ(パー)」

b「(チョキ)」

相手が動揺しているときは、力が入るのでグーを出しやすいのと、同じ手を出しやすいのです。

(動揺してるので頭が働かない)

そこで、パーであいこになった時はチョキを出しましょう。

 

勝つ確率がぐっと上がります。

 

 

以下の3ステップを踏むだけであなたも漢気じゃんけんのスペシャリストになる事が出来ます。

 

是非、明日からステキなじゃんけんライフを送ってください。

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です