【恐怖】デリバリーで今までに出会ったヤバイ客ランキング作った

 

みなさんこんにちはノムラです。

みなさんはバイトをしているでしょうか?

コンビニ店員、居酒屋店員、お花屋さん、カフェ店員などなど、

たくさん業種はありますよね

 

バイト最中のめんどくさい瞬間問題

みなさんがアルバイトとして働いているとして、一番めんどくさい瞬間とはどんな時でしょうか?

 

僕的にめんどくさいなと思う瞬間を書き連ねたのでご覧ください

  • 働いてる時
  • アルバイトに行くまで
  • 接客
  • クレーム対応
  • 客が来た時

 

やっぱり一番めんどくさい瞬間はアルバイトをしてる時ですね。

矛盾が生じてしまいましたが、やっぱりアルバイトはめんどくさいです

個人的に、アルバイトをしてて思うことは、

なんでこんなたくさんのお客さんがくるの?

って思います。

 

お客がくる=忙しくなる=めんどくさい

 

という負のスパイラルが起こってしまいます。

 

お客様なんて来なくていいのに。

 

「お願いだから家で優雅にモーツアルトのレクイエムでも聞いてワインでも飲みながらヨークシャーテリアの頭を撫でて( ; ; )」

と思っています。

でもまあ、アルバイトとして給料をもらっている以上お客を接客するのはしょうがないことですよね。

 

でも、

一ヶ月に一回くるか来ないかで登場するヤバイ客、

あの客を対応するのだけはまじで勘弁です。

 

ヤバイ客の接客

僕は1年以上デリバリーのバイトをしているのですが、

そこで会ったヤバイ客が結構います。

 

そのお客さんたちをランキング化したのでどうぞご覧ください

 

 

2018年上半期!ノムラが選ぶヤバイ客たちベスト5

 

 

第5位:カオナシおじさん

やばさ   ★★★★
衝撃度   ★★★★☆☆
イラつき度 ★★★★☆☆☆

ドアを空けてから閉めるまでただただ「あっあっあっ」を繰り返すことからその名がついたインキャ系亜種

いっいっいっ」の方が何かと面白いのでシフトチェンジして欲しいところ。

決して目を合わせない為に「目を合わせたら人が固まる能力」持っているものと思われる

 

ノムラの考察
接客する上でやっぱり「ありがとう」の一言が大事になってくるんですよ。

特に夏とか暑いしデリバリーの人たちもイライラしてしまいます。

そこで一言「暑い中ご苦労様です」と言われたら嬉しいんです。

 

それなのに「ありがとう」もなしに「あっあっあっ」て言われたらどんな気分になると思いますか

 

お前はポックルかよと言いたくなりますよね

 

 

第4位:ネイキッド中国人

やばさ ★★★★★★★★★★★★☆
衝撃度 ★★★★★★★★☆
恐怖  ★★★★☆

その名の通り、全裸でピザを受け取る妖怪

股間の高麗人参は90度。ただのヤバイ奴である

お釣りを忘れたと言って全裸で一回部屋に戻った後にパンツだけ履いて戻ってきて

「やっぱお釣りはいらない」という聖人

恥じらいの心はある模様

 

ノムラの考察
今まで2回対応したことがある客だったんですが、1回目の時は普通の中国人でした。

 

なので2回目の時は単純にタイミングが悪かったのかな。自室でハッスルしてたのかな

みなさんは人の高麗人参が90度になってるのを見た事がありますか?

家族でもさすがにないですよね

蛇に睨まれたカエル的な感じで体の機能が一瞬停止するんですよ。

最初僕は体を張ったギャグかと思いました。

 

いや全く笑えないけども

 

 

第3位:ストップウォッチババア

やばさ   ★★★★☆
衝撃度   ★★★★
ムカつき度 ★★★★★★★★★★★★

配達が1分でも遅れるとストップウォッチを見せて「はい1分オーバー」と言ってくる熱血スポコンババア

きっと前世はストップウォッチだったのであろう。

しかもストップウォッチを見せる時の顔がめちゃくちゃにドヤっててムカつく。

セミくらいムカつく

 

ノムラの考察
配達時間は時間通りに毎回行くわけではないんです。

 

その時の注文の混み具合にもよるし道の混み具合にもよる。

それなのにスポコンババアは毎回ストップウォッチを振りかざし、

あたかも監督のように「はい1分オーバー^ ^」と言ってくる。

別に1分遅れたからと言ってこのババアが店舗にクレームを入れるわけではないのが謎アンド謎

もし「ストップウォッチを使ってデリバリーの人たちと関わって、ストップウォッチおばさんなんて呼ばれたい」と

万が一思っているなら、残念

あなたはストップウォッチババアだ。

 

 

第2位:ニンマリおばあちゃん

やばさ  ★★★★☆☆☆
衝撃度  ★★★★★★★★☆☆☆☆
不気味度 ★★★★★★★★★★★★

 

必ず23時後半に注文する、暗い路地にある瓦の屋根の家に住むおばあちゃん。

ピザではなく、毎回パスタを頼むのだが、とにかく不気味

まず玄関を開けるとすぐ近くにお盆が置いてありその上にお金など全て置いてある。

しかし暗い玄関の目の前の鏡ごしに、お婆ちゃんがこちらを満面の笑みで見ているのだ

なぜここまで出てこない?なぜ笑顔なんだ?そんな事ばかり浮かぶ。

暗い部屋に写されるお婆ちゃんの笑顔が不気味すぎて毎回行きたくない場所。

 

ノムラの考察
デリバリーのバイト誰しもが通る恐怖のスポット。

 

割とヘビーユーザーなので誰しも一回は配達に行く。

バイトの一人が「俺の時はお婆ちゃんではなく若い女の人だ」と言ったことから一時パニックになった。

真相は闇の中

ちなみに僕の時は必ず手を振ってくれるので満面の笑みで振り返してる

ただ一度だけ真顔でジーと見てきた時があるので怖い

 

第1位:手

やばさ  ★★★★★★★★★★★★
衝撃度  ★★★★★★★★☆
不気味度 ★★★★★★★★★★★★

 

きったねえアパートのドアから毎回手しか出て来ない

小さい子供の手だったり大人の手だったり、種類は様々。普通に怖い。

芸能人一家とかならわかるのだがきったねえアパートなので普通に怖い

 

一度ドアの隙間から顔を見ようと挑戦したアルバイトがいたのだが

結局見れずに終わり、帰り道にこけて手を怪我するという恐怖体験をした事から、

のちに誰も手以外を見ようとするものはいなかった。

 

ノムラの考察
多分、手を引っ張ったら手だけしかないんじゃないのでしょうか。

 

お釣りも、新しいチラシを受け取る時も全て手で対応する。

もしそのアパートが火事になって、焼き跡から家族4人の手の骨しか見つからなかったら俺は泣く。

(なんかバカボンで似たような話があった気がするな)

 

まとめ

いかがであっただろうか?

これがデリバリー選手ノムラが今まであったことのあるヤバイ客たちだ。

デリバリーのバイトをやめない以上、きっと彼らヤバイ客たちとの戦いは続くだろう。

また何か進展があったら追記しようと思う。

 

【うざい客】デリバリーバイトの俺が思う、まじでうざい客はこれだ!ベスト5

2018.10.03

 

 

こちらもおすすめ↓

ピザ屋デリバリーのバイトしてるけどかなり楽!

すね毛を染めて周りと一線を超えよう

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です