みなさんこんにちはノムラです

最近だんだん暑くなってきましたよね~

久しぶりに外に出たのですが、やっぱり家で映画観る方がなにかと楽しいですね。

 

 

それでは、Netflixユーザーである僕がお勧めする、胸糞悪い邦画ベスト3です!!!!

 

第3位 凶悪

 

 

 

あらすじ

新潮45編集部が上申書殺人事件の首謀者を突き止めた原作「凶悪‐ある死刑囚の告発‐」はノンフィクションベストセラーとなった。

上申書殺人事件とは茨城県で発生した「石岡市焼却事件」「北茨城市生き埋め事件」「日立市ウォッカ事件」の事であり、

死刑囚から3つの殺人事件に「先生」と呼ぶ者が関わっていると告げられ新潮45編集者が暴き犯人逮捕に至るまで描いた犯罪ドキュメントである。

引用へぇ〜そうなんだ

 

 

ジャーナリストの藤井修一(山田孝之)が死刑囚の囚人須藤純二(ピエール瀧)との面会時に、まだ立件されてない3件の殺人があると伝えられる。

それは先生と呼ばれていた人物が関係していて、調べるうちに、先生と須藤純二のふたりの凶悪な手口が明らかに…

 

 

胸糞ポイント
リリーフランキーとピエール瀧の演技がヤバイ

この二人の殺しの演技がエグいです。

  • 人を生きたまま埋めたり、
  • 舎弟の彼女を薬漬けにして生きたまま燃やしたり、
  • 日本酒を瓶ごと口に突っ込んでスタンガンを当てまくったり。

 

しかも二人、笑いながらやるんですよこれを。まさに凶悪ですね。

 

胸糞ポイント
実在する人物だった

この話は本当にあった話で、先生と呼ばれる人物は非常に狡猾な人だったそう。

上申書殺人事件はこちらから

 

 

  • 証拠を一切残さない狡猾さ
  • 不動産のブローカーとしての周りからの評判は良く、近所付き合いも良好だったという。
  • 勢いでネクタイで絞め殺しちゃうお茶目さん

 

胸糞ポイント
オラフの声優

出典ディズニーストア

 

何が胸糞悪いって、ピエール瀧、アナと雪の女王でオラフ役なんですよ。

それがいちばんの胸糞悪いポイントですね。

 

 

第2位 クリーピー偽りの隣人

 

 

 

あらすじ

あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。隣家の少女の告白 × 未解決の一家失踪事件。二つの繋がりは、本当に恐怖の始まり——隣人が“何者”か、知ってはならない。六年前の一家失踪事件を調べる犯罪心理学者。愛する妻と引っ越した先の隣人は、人の良さそうな父親と、病弱な母親、中学生の娘。ある日、その娘が突然告げる。「あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。」未解決の事件と、隣人一家の不可解な関係。二つの繋がりは、本当の恐怖の始まりでしかなかった…。

引用フィルマークス

 

香川照之がこの映画で光り輝いて見えます。もうね、どハマり。

スーパークレイジーサイコパス。もうサイコパス。お前私生活もこんな感じだろって具合にサイコパス

 

胸糞ポイント
香川照之の怪演のヤバさ

 

  • 香川照之の香川照之感が0で、
  • ただのヤバイおっさんになってる。
  • 初めての台詞からもうヤバイ
  • 話の辻褄が合わない感じや
  • 何を考えてるのかわからない演技が最強。
  • めちゃ怖い

 

胸糞ポイント
西島くん、竹内結子が馬鹿

 

  • 警察のくせに妻である竹内結子も守れない西島、
  • 気づいたら薬漬けにされてる竹内結子
  • 映画を見ながら「んもぅっ!なんでそこでこうしないの!!」と10回は思うこと間違いなし

 

胸糞ポイント
視聴後、周りが怖くなる

サイコパスって割と周りにきっと結構いるもんらしくて、

引っ越した隣の家が香川照之みたいな人でもおかしくないなって思うくらいヤバイです。

 

この顔なんて演技じゃないでしょ。

もうね、ただただサイコパス。

 

 

こんなんちびるわ

 

 

第1位 冷たい熱帯魚

 

 

閲覧注意

 

あらすじ

死別した前妻の娘と現在の妻。その折り合いの悪い二人に挟まれながらも、主人公の社本信行は小さな熱帯魚店を営んでいた。波風の立たないよう静かに暮らす小市民的気質の社本。

だが、家族の確執に向き合わない彼の態度は、ついに娘の万引きという非行を招く。スーパーでの万引き発覚で窮地に陥る社本だったが、そんな彼を救ったのはスーパー店長と懇意のある村田だった。

村田の懇願により店長は万引きを許す。さらに大型熱帯魚店を経営する村田は、娘をバイトとして雇い入れる。その親切さと人の良さそうな男に誘われて、社本と村田夫婦との交流が始まる。

しばらくして、利益の大きい高級魚の取引を持ちかけられる社本。それが、村田の悪逆非道な「ビジネス」と知り、同時に引き返せなくなる顛末への引き金となった。

引用 wikipedia

 

実在した事件 愛犬家殺人事件をモデルにしたノンフィクション映画。

でんでんの演技がエグい。ただただエグい。見終わった後「とんでもない映画をみちまった」と確実に思うことだろう。一応®️18指定なのだが、個人的には®️30指定とかの方がいいレベル

 

胸糞ポイント
でんでんがでんでんじゃない

 

出典ネバーまとめ

 

  • こんな可愛いおじちゃんみたいな顔してるのに劇中だとクレイジーグランドファザー
  • 話術に優れていて、映画の最初だと「この人いい人やん」なんて思ってしまうほど。
  • 透明にしちゃおうか」が口癖。ちなみに透明にする=バラバラにして燃やすという隠語。

愛犬家殺人の主犯、関根元が使ってた言葉だそう。

愛犬家殺人事件はこちらから

 

モザイク加工しています

 

なんでこの状況で楽しそうなんだよ

 

胸糞ポイント
主人公の覚醒具合がヤバい

 

 

  • 最初は地味な熱帯魚屋さんを営んでいて、娘の反抗期に対しても何も言えなかった主人公(吹越満)
  • 映画の後半は大声で叫び娘をぶん殴り嫁に襲いかかるクレイジーに。一体何があったのか。

 

出典TYO マガジン

 

胸糞ポイント
娘の最後の一言

 

主人公の

人生ってのはな、痛いんだよ!!!!

 

に対する娘(梶原ひかり)の一言で映画は終わるんですが、

 

この一言が文頭に話した「とんでもない映画を見ちまった」と言う理由になります。

 

もうめちゃくちゃ鳥肌立ちますよ。

 

 

 


 

いかがでしたか?

余程のことがなきゃ胸糞悪い映画なんてみようと思いませんよね。

でも、観たあと後悔するのを分かってるのに観ちゃう、そんな不思議な力を持つ映画です。

観終わった後に盛大に後悔してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です