みなさんこんにちは

 

 

ノムラです

 

湿気で髪の毛が硬焼きそばみたいになってきました。

それにまだ右の眉毛が生えてきません。

 

⬇︎チェックしてね

誰でも眉毛を全剃りすれば簡単に平野歩夢くんになれる

 

最近、暖かくなってきましたよね。もうすぐ日本に春が来るんですね。

 

春=出会い別れ

 

 

 

春といえば別れ、新たな門出の季節。

 

 

新しい学校へ入学なんてこともこれからある人たちもいると思います。

 

 

とりあえず、これから入学する人たちに、僕から一言。

 

卒業おめでとう!!!!!!!

 

 

 

これから新たな旅のスタートです。

 

 

夢に向かって全力で走って下さい😁

 

 

っていう掴みの話も終わったところでこっからが本題です

 

 

 

誰しも一つや二つ、人生の中で大失敗したことありますよね?

 

 

  • 大事な約束に大遅刻してしまった

 

  • ゴールデンレトリバーを買ったと思ったらハリソンフォードだった

 

 

  • 窓に寄り掛かろうと思ったら窓がなかった

 

などなど色々あると思います。

 

ちなみに僕が最近した小さな失敗は、

 

得意げに、なおかつ全力で歌って、精密採点で59,944だった事です。

 

 

さすがに目を疑いました。

 

 

もちろんこのノムラ、これ以上の大失敗を人並みにしています。

 

その中でもここ、2.3年にあった大失敗を皆さんにシェアして、

 

同じような間違いをせずに、より良い人生を歩んで欲しいと思います。

 


 

 

ノムラ物語エピソード3 受験戦争の果てに

 

勉強を頑張るノムラくん

 

ノムラは高校2年生から大学受験の勉強を頑張っていました

東進たるものに入り、高い授業料を払ってもらい、毎日毎日塾に行っていました

 

 

そしていよいよ志望校を決める11月くらいに、ノムラはお父さんとはなしていました

 

 

「あんなぁ俺なぁ上智行きたいねん。もちろん受かる気でいるねんけどなぁ

万が一落ちた時の滑り止めの大学とかも、考えなきゃなぁって思うねん

俺の性格的に絶対に浪人生向いてないし」

 

 

関西弁で話したわけではないですが、このような趣旨を話しました。

 

するとノムラパパは

 

 

「滑り止めとかいう保険をかけて受験をするくらいなら俺はさせない

志望校だけしか受けさせない

それが嫌なら働け」

 

 

 

「え?」

 

こんな顔をしていたと思います。

 

 

しかしお父さんに逆らうことなんて出来ないので

 

 

「わかったぼく滑り止め受けない」

と言いました。

 

 

しかし後日、あまり平成の受験のことを知らなかったお父さん

平成の受験を知ってる同僚に

滑り止めないのは流石にまずいと思う」と言われたらしく

 

違う日に、

 

 

「滑り止めの大学、一つだけ受けさせてやる。

でも、一般受験じゃなくて、センター利用で受けることしか許さない」

 

そう言いました。

 

例によって僕は

 

「わかったぼく滑り止めの大学受ける」

 

ということしかできませんでした。

 

華のキャンパスライフを求めてラストスパート

 

 

その事もあり、ノムラくんはより一層、勉強に力を入れました。

 

 

当時の手帳です。

 

 

 

事細かに今日やった勉強のことが書かれてますよね。

 

我ながらあの頃の僕は頑張っていた思います。

 

 

志望校は、上智、青山、立教に絞ることにしました。

 

志望動機は、なんかカッコいいから でした。

 

華のキャンパスライフを求めて、学内恋愛に憧れを抱いていた節もありました

 

 

そしてセンター利用で受ける大学は、東洋大学にしました。

 

理由は家から近いから

 

全ての願書を期限内に提出して、準備はバッチリでした。

 

 

そしてセンター試験が終わった後に、

 

自己採点をして、東洋大学のボーダーを超えていたことが判明しました

 

 

ノムラは喜んでました

 

「よし、これでとりあえずは大学生になれる。」

 

華のキャンパスライフを謳歌できる。」

 

ホッとしてました。

 

 

絶望の底に注ぐ救いの光

 

 

そしてついに上智、青山、立教の一般受験が終わり、合格発表が全て終わりました。

 

 

 

 

 

 

全大学に落ちていました。

 

もう最後の方とか大学の合否ホームページを見ながら

 

やれやれ、、神はこの世にいないようだな

なんて涙ながらに口走っていたと思います。

 

努力が必ず報われるわけではないんですよ。みなさん。

 

 

とってもとっても悲しかったんですが、

 

「まぁまだ東洋大学には行けるからいっか」

 

なんて楽天的に考えてました。

 

そして東洋大学から合格通知が来ました。

 

 

そこで判明したのですが、

 

特待生だったんです。

 

とっても嬉しかったなぁあの時は

 

 

そして伝説へ

 

 

家族に内緒にしてて、サプライズしてやろうと思っていたぼくは、

 

家族みんなの前で開封しました。

 

 

 

 

じゃじゃーん!!東洋大学には受かってました!!!

しかもなんとなんと、、、特待生でーす!!!!

 

 

家族からは

 

 

まぁいいんじゃない。三兄弟で一番低学歴ね。よくやった。へー。いいと思うワン!

 

なんていう素っ気なさ200パーセントの言葉をいただきましたが、喜んでくれたのは確かです。

 

 

僕は嬉しさのあまり家族の前で小ダンスをしました。

 

 

しかし

 

 

 

 

小ダンスを家族の前で披露していた時に、真ん中の兄貴が一言

 

「それ東洋大学じゃなくね?」

 

 

家族の視線が一気に合格通知に向きました

 

 

続けて兄貴は

 

 

東洋学園大学じゃね?」

 

 

 

え?

 

 

 

 

 

 

 

東洋学園大学〜〜〜!!!!

 

 

口コミが辛辣~~!!!!

 

 

 

 

検索ワード候補のクセ~~!!!!

 

 

 

偏差値~~!!!!

 

 

 

華のキャンパスライフ破綻~~!!!!

 

 

 

 

ノムラは

東洋大学と東洋学園大学を間違えて出願をしていました。

 

 

 


 

これがノムラの最近あった大失敗です。

 

あ、もちろんこのあと、

 

 

 

お父さんにボッコボコにされましたとさ

 

 

みなさんは僕のように出願校を間違えてしまうような

おっちょこちょいな真似はしないようにして下さい

 

fin

 

 

東洋学園大学の生徒、関係者がいたらすみません。

決してバカにしてるわけではございません。全力のリスペクトを送るぜ

 

 

2 件のコメント

  • 久しぶりに投稿見れて良かったです。これからも諦めずによろしくお願いします!お腹痛くて倒れそうだったんですが、少し元気になりました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です